相互関係な日常に辟易している僕の日記

結局こんな風になるんですよね。

この画面は、簡易表示です

naoki

困ったときのJAF

学生時代に免許をとってからというもの、何度かJAFのお世話になりました。
一番最初は、車のインロック。
父親の仕事を手伝って、商品をトラックで納入先まで運んだというのに、キーを中にさしたままロックしてしまいました。
JAFに電話すると、いとも簡単に鍵をあけてくれました。
社会人になってからもガス欠でJAFに助けてもらったことがありました。
市内の中心部で信号待ちをしていて、青信号で発進しようとしたところ、車のエンジンがダウンしてしまったのです。
もう少しガソリンがもつだろうとたかをくくっていたのがいけませんでした。
ガソリンをもってかけつけてくれたJAFの車が、救いの神のように思えました。
最近も自宅の駐車場で急にエンジンがかからなくなったことがありました。
今度はガス欠ではなく、「プラグかぶり」という現象。
JAFのサービスマンは落ち着き払ってエンジンを再起動させると、サインを受け取った後、なんでもない顔で去っていきました。
JAFは会員料がかかるため入会していないドライバーもいるでしょうが、個人的には入会料以上に助けられてる気がします。



身体のサイクルの変化

毎月同じような決まったサイクルを繰り返しているのが私達の身体ではありますが
そのようなサイクルが時として崩れてしまうこともあります。そうするとこれまでとは
違うサイクルになることで身体はもちろん精神面にも支障が出てくることもあります。
わかりやすい例で言えば女性が妊娠した時なんかはまさにそうですね。
環境がガラッと変わり、これまで経験したことがないことや変化がたくさん出てきます。
妊娠した時の変化というのは生活サイクルの変化の中でもかなり大きいもので皆が同じ
ような変化をするのかといえばそういうわけではなく例えば肌の調子なんかを考えても
妊娠を機に肌の状態が良くなったという人もいればこれまでに比べて肌の乾燥が気になったり
吹き出物や肌荒れが起こってしまったりする人もいるそうです。
このような妊娠による変化というのは女性ホルモンの活性化によって起こっているといいます。
妊娠をしている時にはその状態を維持するために女性ホルモンのプロゲステロンが多く
分泌されていますがそれによってホルモンバランスが崩れてしまうと肌にも影響を与えます。
もちろんプロゲステロンが多く分泌されることで胸が大きくなったりというプラスの変化も
あるのでこの時期は変化に対して不安を感じるのではなく前向きに捉えることで精神的には
楽に過ごしていられるかもしれませんね。



抑毛ローションの便利さ

無駄毛は体の至るところに生えるものですがそんな無駄毛の中でも厄介なのは自分で処理をするのが
大変な箇所に生えている無駄毛ではないでしょうか?具体的に例を挙げるのであれば顔やVIOなどの
デリケートゾーンや手の届かない背中といった部分の無駄毛処理のことですね。
こういった自己処理の難しい部分の無駄毛処理というのは脱毛サロンなどに通うのが一番でしょう。
やはりそういったところに通ったほうが綺麗かつ効果的に無駄毛処理ができます。
ある程度費用は必要になりますが何度か通っているうちに気にならないぐらいになってきます。
ただ顔や背中の無駄毛の場合は産毛みたいな細々とした毛であることがほとんどなので
エステサロンの光脱毛では効果が出るまでにそれなりの時間がかかってしまうこともあります。
なのでそれらのケアと合わせて抑毛ローションなんかを使うといいかもしれません。
抑毛ローションであればカミソリをあてるように神経を使うこともなく塗ることができれば
大丈夫ですし、全身どこでも使うことができるので一本持っておくと重宝するでしょう。
抑毛ローションだけで毛を全くなくすことは難しいですが他の処理方法と併用することで
その効果を引き出してくれる便利なアイテムだと思います。



マスクはお肌や唇の乾燥対策になる

この冬は風邪が長引いて咳が止まらなかったので、しばらくマスクをつけていました。
マスク生活が半月ほど過ぎた頃、なんだかお肌がしっとりとしていることに気がついたのです。
マスクって顔半分を覆っており外気からの刺激をシャットアウトしていますよね。
花粉やウイルスだけでなく、冷たい風も直接顔にあたらないので肌には良かったようです。
マスクをつけることはお肌に良いと気がついたので、風邪が治った現在もマスク生活を続けています。
最近はグッと春めいてきたので主に紫外線対策にマスクを利用しています。
マスクで顔半分を隠していれば強い紫外線からもお肌をカバーできるのです。
そして、寝るときもマスクは欠かせません。
マスクをつけて寝れば喉や鼻の乾燥が防げますし、唇の乾燥も防げます。
冬場は唇がガサガサしていた私ですが、マスクで寝るようになり唇の調子もいいですよ。
リップクリームを塗ってマスクをつけて眠れば朝にはしっとり潤った唇になっているのでお勧めです。



スキンケアに大切なことはこれ!

スキンケアとは、素肌のケアということです。
素肌とは、化粧を落とした時の顔の状態を指しています。
ケアするのは、就寝前のうるおいを与えることと、室内の加湿機能を活用することです。
人によっても違いますが、乾燥は肌にとって大敵ですので、もちもち肌を維持するようにして行きましょう。
顔を洗うのには、専用のクレンジングを使うことで、肌に与えるダメージを減らします。
安い洗顔料では、油分を落とし過ぎるので、自分あったクレンジングで肌に気を使って洗い流しましょう。
肌には、睡眠時間や良質の睡眠が必要です。
肌は寝不足にも敏感で、寝不足になると肌のもちもち感もなくなります。
食事にも気を使いましょう。
から揚げや油モノを食べ過ぎると、吹き出物として出てきます。
肌に水分を補給をすることは、大事ですが、油分が多いと肌には良くないことが起こります。
洗顔後の保湿クリームを薄くキレイに伸ばすことで、張りのある素肌を維持することができるでしょう。
食事や睡眠は、蓄積されますので注意しましょう。



メーカーによって価格の違う美容商品

ディスカウントショップなどで、洗髪料の商品を見て回っていると、各メーカーから新製品を打ち出していますが、価格の差に違いがあります。
確かに容器の大きさにも影響はあるでしょうが、1つの商品が1000円くらいするのは、やはり高いなと感じます。
数百円の商品を選べばいいのですが、髪の毛の健康を維持しようと考えれば、高い商品のほうが長持ちする傾向にあります。
リンスやコンディショナーを別途購入することを考えると、倍の費用がかかります。
美容に気を配るのにも簡単ではありません。
もうすぐ消費税が増加することを考えれば、頭の痛いことです。
贅沢は言ってられませんし、色んなところの健康も思考しなければならないとすると、かなりの予算がかかることを想定しなければなりません。
物価が高くなる傾向になる実態を、世の中の消費者たちは、どのように捉えているのでしょうか。
美容関係の商品にもいえることです。
有名な美容メーカーは高額ですから、巷で気軽に手に入る商品で、生活を補うしかないのかもしれません。
その中でも、洗髪料は必需品ですから、大事に使用するしかありません。



私流のダイエット

私はすごく太っている訳ではありませんが、気を抜くとすぐに体重が増えてしまうのでできるだけ食べ過ぎないように気を付けています。
しかし残念ながら食べ過ぎて太ってしまったときは「お風呂で熱いお湯に浸かりながら炭酸水を飲む」というダイエットをします。
ダイエットには、ぬるめのお湯に浸かって半身浴がいいというのはよく聞きますが私はかなりの寒がりなのでこの方法は真夏しかできません。
しかし残念ながら太りやすいのは冬の時期…ということでこの方法にしています。
もともと、お風呂で普通のミネラルウォーターを飲んでいたのですが炭酸水の方が汗がかなり出ているように感じます。
炭酸水ダイエットも流行っているくらいなのでやはり何らかの効果があるのだと思います。
お風呂に入っている時間は30分から40分くらいで炭酸水は500ML飲みます。
ちなみに夕食前にこれをすると、炭酸でお腹がいっぱいになりそのあとの食事の量が減るのでおすすめです。
短期間でものすごいダイエットができるというわけではありませんが、前の日に食べ過ぎた分くらいはすぐに落とすことができるし、何よりてがるなので私はこのダイエット方をよくやっています。



脱毛サロン施術前の自己処理について

ムダ毛処理の手間を無くすために脱毛サロンに通うことを検討している人も多いでしょう。
通う前のイメージでは脱毛サロンに通うことで一切ムダ毛処理をしなくても済むと
思っている人が多いかもしれませんが、脱毛サロンに通ってもまだムダ毛処理は続きます。
全ての施術が完了した時になって初めて自分でムダ毛処理をする必要がなくなるわけです。
というのも脱毛サロンで施術を受ける前にはその箇所を事前に自己処理しないといけないからです。
もちろん、脱毛サロンでもやってくれるのですがその場合はシェービング代ということで
脱毛の施術料金とは別にお金を払わないといけないこともあるので損をしてしまいます。
もちろん、それも脱毛料金に含んでいるサロンもあるのでそれは事前に確認しましょう。
もしくは、自分で処理をするのが難しい背中がVIOラインなどのシェービングは
無料となってりうサロンもあったりこの辺は結構違いがあります。
ただ、それを事前に知っていないとカウンセリングに行った時に無駄にがっかりします。
そしてややこしいのはホームページ上ではそういったことにあまり触れられていないので
カウンセリングに行って初めてそれを知ったというパターンが実は多いのです。
また、自分ではやったつもりなのに剃り残しを指摘されてシェービング代を取られたと
いう不満の声を掲示板などでも見たりするのでできるだけこれに関しては通う前の
情報収集を怠らないようにしましょう。



これだという歯磨き粉に巡り合いたい

ステインってよく歯磨き粉のCMなんかで聞きますが何かの物質というよりも歯に溜まる
汚れのことを指しているんですね。このステインが歯に沈着すると歯の黄ばみの原因に
なったりするみたいなのでステインクリアとかステインオフみたいな感じで汚れを落として
白い歯でいましょうみたいなのが歯磨き粉のCMの意図なんだと思います。
でも普通にCMで流れている歯磨き粉を使って歯が白くなった試しがありません。
もしかしたらずっと使い続けないといけないのかもしれませんが、一本使ったぐらいでは
まったく歯の色に変化がないのでまた買おうという気にはならないですよね。
せめてある程度の効果は実感できるような商品がいいですね。
しかも市販の安い歯磨き粉のホワイトニング効果というのは歯を削るような研磨成分が
含まれていることがほとんどなのでそういった意味でも使っていて不安になりますよね。
まあ硬いと言われているエナメル質なのでちょっとやそっとじゃ削れてしまうなんてことは
ないと思いますがこれも続けているとどうなってしまうのかわかりません。
むしろ歯を削って白くするということは白くなった時点で削れている証拠ともいえますからね。
結構歯磨き粉に関しては自分の中でも趣味というか使い心地がどんなものなのか知るのが
好きなのでいろんな商品を使っていますがいまだに定着するような商品に巡り合わないですね。



ホワイトニングの方法

日常生活を送っているとどうしてもちゃんと歯磨きをしていても歯に着色汚れが
付着してしまうということも珍しいことではありません。正直完璧な歯磨きと
いうのは不可能に近くどうしても磨き残しというのが出てしまうからですね。
逆にいうと完璧な歯磨きをすることができれば歯を磨くのは一日一回でも何も
問題ないという専門家の人もいるぐらいですからどれだけそれが難しいことかが
わかるのではないでしょうか?なので完璧を目指すというよりは付着した着色汚れを
どうやって落とすのかという方法を考えたほうが賢明と言えるかもしれません。
まあ普通に歯磨きができていれば黄色くなるほど着色することはあまり考えられませんが
基本的に人間の歯は年齢を重ねると徐々に黄色っぽくなってくるので歯の色が
気になると人は多いと思います。そうなるとホワイトニングをしようと考える人が増えます。
ホワイトニングと言っても自宅でできる方法と歯科医院に通う方法もありますし、
最初は歯科医院に行ってそれからは自宅でするホームホワイトニングというのもあります。
それぞれメリットとデメリットがあってかけられる費用や白くする力、継続性などが
違ってくるのでそういったことを考えた上でどれにするか決めると失敗は少なくなるでしょう。




top