暑さと汗と塩分濃度の感じ方の違い

夏は汗をたくさん掻くので、十分な塩分補給が必要です。
ラーメンはかなりスープがしょっぱいですが、夏の塩分補給には向いているような気がします。
ラーメンは暑いので冬の寒い時期に食べるのも美味しいものです。
しかし、夏は夏で汗を掻きながら食べるのも、また美味しいものです。
おそらく夏の方が汗を掻く分、しょっぱさを感じなくなっているのではないかと思います。
そのため、夏は他の時期よりも少し塩分濃度を上げたほうが美味しく感じるかもしれません。
以前、スポーツ選手は汗を掻くので、しょっぱさを感じる感覚が普段よりも高くなっているというのを聞いたことがあります。
人によって普段やっていることが違うので、塩分濃度の感じ方も人それぞれだと思います。
皇潤プレミアムの効果
あまり汗を掻かない人は、塩分濃度が低い方が身体のためにも良いでしょう。
またしょっぱさは冷たい方がより感じやすくなるようです。
味噌汁は熱い時よりも覚めた時の方がよりしょっぱく感じてしまいます。
塩分に気を付けている人は、常温のものや冷たいものの方が塩分を感じやすいので、食事には良いかもしれませんね。